カートをみる 会員ページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

紫外線がもたらす身体への影響

最近では、「UVクリームを塗りなさい」「日中はカーテンを閉めなさい」と、必要以上に紫外線対策をすすめられることが多くなりました。「小麦色の方が健康的に見えて良いんじゃないの?」と、疑問を感じる人もいらっしゃるはずです。なぜ紫外線が身体に悪影響なのか?その理由が分かれば、UVケアの必要性も感じていただけるかと思います。

肌トラブルが増える


紫外線は、波長の長さによってUVA・UVB・UVCの3種類に分けられます。肌に届く紫外線の9割を占めるのがUVAで、シワやたるみを促進させてしまいます。UVBの場合は、メラニンが活性化されるため、シミだけでなくソバカスまでも量産させてしまいます。このような肌トラブルに悩まされるだけでなく、皮膚がんの原因にもなるため、注意が必要です。がんの発症率が高くなることを考えると、UVケアを「面倒だ」なんていってはいられないはずです。

目が老化する


紫外線の影響を受けるのは皮膚だけではありません。多量の紫外線は目にもかなりの負担をかけています。日焼けによって皮膚が炎症を起こすのと同じように、多量の紫外線が目から吸収されると角膜が炎症を起こし始め、様々なトラブルが現れてきます。目が充血したり、ゴロゴロと異物感を感じたり、急に涙が出てきたりといったような症状のほか、もしそれ以上悪化した場合は「白内障」になる危険性も高くなります。「白内障」の場合、最悪失明するケースもございます。取り返しのつかない病気になってしまう前に、きちんとUV対策を行いましょう。



「紫外線対策はきちんとしたい、でもおしゃれも楽しみたい」

そんなあなたには、当店で取り扱っている『滑り止め付き手袋』をおすすめします。
バラ柄の滑り止めがエレガントなこのUV手袋は、レースやパールが付いているタイプなど、かわいいデザインばかりが揃っています。 しかも紫外線から肌を守ってくれるため、おしゃれとUVケア、両方叶えてくれて良いことづくしです。

ちなみに、UV手袋以外にもインテリアグッズやファッションアイテム、スキンケア品が豊富に揃っています。タオル・ハンカチ・キッチンマット・バッグ・化粧水など、あなただけのお気に入りバラ柄アイテムを探してみてはいかがでしょう?