カートをみる 会員ページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

トイレのマナー

トイレは嫌なイメージが付きまとってしまうものですが、工夫次第で周囲に嫌な気持ちをさせないようにする事もできます。


様々な呼び方


日本には様々なトイレの呼び方があります。TPOに合わせて使い分けると上品な言い回しができるのではないでしょうか。

お手洗い…「用を足す」「便所」といった言い方が下品に聞こえてしまう場では「(用を足した後)手を洗う場所」としてお手洗いという隠語が使われるようになりました。

化粧室…トイレは本来の使い方以外にも、女性が化粧を直す場所として利用されてきた事から使われるようになった呼び名です。

…昔は小川に橋を架けて、そこで用を足す習慣がありました。そこから「川屋」→「厠」と変化したようです。

ご不浄…トイレが「不浄な場所」である事からきた言葉です。戦前、東京の高級住宅街近隣に住むご婦人が良く使用する言い回しでした。

憚り…トイレが人目を憚る場所であるところというところからきた言葉です。

雪隠…語源については諸説ありますが、霊隠寺というお寺の雪竇禅師(せっちょうぜんし)というお坊さんが人の嫌がるトイレ掃除を進んで行ったというところから、という説が有名です。

フォーマルな場所では



公共の場所ではトイレの使用方法にもマナーがあります。まず、トイレでの携帯電話使用・長電話・長メール・インターネットの閲覧など、特に個室を長時間閲覧する行為は嫌われるものです。また、喫煙や洗面台の独占もマナー違反です。もし、訪問先でトイレを借りる場合は必ず家人の許可をもらってから借りるようにしましょう。出る前にはマットやふたカバーなどトイレタリーがきれいな状態かどうか、1度振り返る癖をつけると良いでしょう。

華やかに飾ろう



トイレは良くも悪くも人間がリラックスできる場所の1つです。ご自宅にお客様が来たら寛いで欲しいものではないでしょうか。そんな時にトイレタリーを利用して華やかに飾る事で、明るい気持ちになれます。白やピンクなどの明色で、花柄のトイレタリーは最適です。布製であれば、何枚か用意しておいて使い回しができます。



当店では

薔薇グッズ通販の中で、バラ柄のトイレタリー用品も大変ご好評頂いています。
嫌なイメージのつきやすいトイレを素敵なマナーとトイレタリーで飾てみてはいかがでしょうか。

「トイレバラ園化計画」にあなたも参加されませんか。
毎日使うトイレをバラ柄で統一することで、優雅で気持のよい空間になります。
バラの香りや絵ハガキなども飾って、あなたらしいトイレにしてみてはいかがですか?
あなたのトイレ画像、募集しています。